こころのアトリエ Flourish

逆境さえ栄養に、豊満に瑞々しく花開くあなたへ。Healing×Counseling×Artsで、痛みを愛し、あなたらしさが輝きをます時間を後押しします。

「傷は過去が現実であったことを教えてくれる」ハンニバル・レクターで見る心の不可解さ

***

こんにちは♪

春風サロンの高橋若菜です。

🌹🌹🌹


仙台もすっかり秋めいてきました。


秋になると

こってりしたミステリーとか、
ホラーを見たり、読みたくなります。


コーヒーとかミルクティーを飲みながら。



今は、ハンニバルシリーズ

レッドドラゴンを見ています。





レクターは、天才精神科医

奇妙な殺人犯の心理を
読みとく名手です。

ただ、こちらの映画、カーニバル映画です。


彼の心の何か、にふれてしまうと、、、、。



たべられちゃいます(笑)



笑えないか。( ・・)

苦手な方は、ごめんなさい。



でも、彼の名推理や

気の利いて、隙のない、会話を聴くと

レクター博士が、不謹慎にも
好きになっちゃいますよ。


f:id:moyasan:20191006170932j:plain


犯人や、犯人を追う捜査官の心の揺れを
狂気をまとい、でも品のある、
レクター博士と感じながら


人間の心の不可解さや

深さに浸れます。




🌹



「傷は過去が現実であったことを教えてくれる、


 傷をくれた相手に感謝することだよ。」



レクター博士から。



🌹


いけそう!(笑) な方は、


秋の夜更けに


ぜひどうぞ♥️


🌹🌹🌹

***