こころのアトリエ Flourish

逆境さえ栄養に、豊満に瑞々しく花開くあなたへ。Healing×Counseling×Artsで、痛みを愛し、あなたらしさが輝きをます時間を後押しします。

虹のようにかろやかに立ち上がる 自分軸アファメーション -2 「わたしはわたし。あなたはあなた。」

***

こんばんは!
春風サロンの高橋若菜です。

✨✨✨

さて今日は、関係性をよりお互いに
すごしやすいものにするための
ヒントのお話です。

わたしたちは、毎日、いろんなコミュニティの
中で生きています。

お互いの距離が近くなってくると、
人は無意識に、相手に、誰かを
投影するといいます。

とりわけ、自分が、
助けられなかったけど、助けたかった人、
などを無意識に、映し出してしまうらしいのです。
(とくに、親など)


そうすると、距離感が、
意図せずして、ちょっと近づきすぎてしまったりして、バランスを崩してしまいます。

また、助けられなかった罪悪感や不安は、
そうした関係を無意識に、強めてしまい、

お互いが、お互いの存在を
同一化してしまい、

どれが自分の感情で、
どれが相手の感情か、

または、どれが相手の課題で
自分の課題か、

わからなくなってしまいます。

心理的にくっついてしまうんですね。
これを心理学では癒着といいます。


しかし癒着は、悪いものとされがちですが
根底には愛があることが多いです。

わたしの場合は、ぶっちゃけますと(笑)
祖母が感情的で、愛も強いのですが
その分罪悪感も強く、祖父と癒着傾向にある
家庭におり、

その罪悪感や、癒着傾向も、
じつは、愛情に裏打ちされているのを
感じて生きてきました。

ですから、この状態は
ポジティブ担当の高橋からしますと(笑)
とてももったいないんですね。

ただ癒着は、お互いに苦しくなって
愛情も分からなくなる面もあるので、

意識して、お互いに
自分の足でたつ必要があります。

そこで、おすすめなのが
このアファメーションです。

「わたしはわたし。

あなたはあなた。」

f:id:moyasan:20190611230251p:plain


シンプルですが、よくききますよ。

わたしもお母さんにそういえば
「自分は自分」よ。と
教わってたのを
思い出しました。(笑)


おまじないのように、
となえてみてくださいね。

きっとあなたが美しく
すくっと虹のようにかろやかに立ち上がる
自分軸を、育ててくれると思います。

✨✨✨

***