こころのアトリエ Flourish

逆境さえ栄養に、豊満に瑞々しく花開くあなたへ。Healing×Counseling×Artsで、痛みを愛し、あなたらしさが輝きをます時間を後押しします。

Release Judgment 神様じゃないから。

***

おはようございます♪

春風サロンの高橋若菜です。

✨✨✨


わたしたちは生きていると、たまに判断、

Judgment したり、されることがあります。


心理学でもたしかでてくるのですが、

ここでの判断とは、

あの人はこう、とか

あの人は○○なはずだ、とか

こちら側で勝手に

決めつけ、や押し付けをすることです。



相手を慮る、"配慮"は、

「自分はこう感じるが、相手は必ずしも

そうではないかもしれない」

ことを、わかった上で、
自分の意思で行います。


それに対し、判断は、

「相手はきっと、こうだ」と

決めつけてしまいます。

いま、その人がどんなふるまいを
していても

背景にどんな経験や、過去があるかは

はかりしれないものである、

と、知っていたいな、と思います。

f:id:moyasan:20190609131331p:plain

また、肩書きなんかも、
その人を構成するひとつの要素であって、
全てではないですよね。
(肩書きを軽視するわけではありません。)

人間関係で、どうにも
なにかうまくいかなくなるパターンは、

どこかに、どちらかの、あるいはお互いの判断が、さりげなく入ってしまっています。

どちらかが、違和感を感じると、
なにか、ずれてしまいます。

判断なんて、神様でもないのに、
だれができるのでしょう。

判断を手放すことが、
コミュニケーションを豊かにしてくれる
のではないかと思います。

✨✨✨

***