こころのアトリエ Flourish

逆境さえ栄養に、豊満に瑞々しく花開くあなたへ。Healing×Counseling×Artsで、痛みを愛し、あなたらしさが輝きをます時間を後押しします。

なんだか白紙のような気分のときは、目標・ビジョンの再設定のタイミング - 踊り場の時期は新しいわくわくを探す

* * *
こんばんは。

春風サロンの高橋わかなです。

さて、新年度もようやくスタートした
気分になってまいまりました(遅い)ので、

ナチュラル・ハイパフォーマンス×ハイクオリティ仕事術について、書いていきたいと思います。

このブログは、やや二重人格で構成しており(笑)

ふんわり、感覚、スピリチュアル系記事と、

Do!を後押しする、コンサル系記事の両輪で運営しております。

こちらのカテゴリでは、Do!コンサル系、

目の前にある時間やリソースの中で、
自然に、思わず、あなたがやる気になり、
またあなたのパフォーマンスが最大限に発揮され、結果みんな嬉しい💕みたいになるような仕事術について、高橋がじみに日々研究しているものを自由に書くコーナーです(長い)。

今日は、新しい目標設定のタイミング、その視点についてです。

✨ ✨ ✨

なにかプロジェクトや
仕事が一段落した時。

また、自分なりの目標が達成できた、
と感じた時。

もちろん、嬉しいんですが、
ふーっと一息をつけることもあり、

心が白紙のように、
まっさらー!になるとき、あると思うんですよね。

あれ、次どうしよう?

みたいな時ですね。

でも、それは、悪いことではなく、
むしろ、あなたが、大きく成長したあかしだと思うんですよね。
成長しても、自分ではなかなか気づけないものですし、でも、なんかやりきった、感があるというのは、本当にあなたがかなり変化してきたことをあらわしていると思うんです。

だから、この白紙感は、大事な感覚で、

新しいステップにさしかかる前の、
踊り場にいるようなもの。

f:id:moyasan:20190506214038p:plain

なので、こういうときはまず、焦らずに、
自分をねぎらいましょう。(笑)
焦って、微妙な目標を設定しても、
ここまできたら、
もったいないと、思いませんか。

お仕事などの場合は
なんらかの形で、やってきた実践を
まとめて、ふりかえることができると
よりよいと思います。
自分の果たしてきた役割や、思いについて
言葉で表現し、認識するのです。

そのあとに、わたしは自分が次にどうなりたいか?のイメージを、さがすのをおすすめいたします。

次が踏み出せないのは、
やる気がないからじゃなくて、
これまで、の中に、すでに「わくわく」や
「やってみたい」など、あなたのモチベーションに火をつけるものが、もう見つからないからなんですよね。

視点を変えて、また自分のときめきポイントを
見つけてみましょう。

もしかすると、「わたしにはできない」、
「ふさわしくない」と、遠ざけていたものや、

やりたくてやりたくて、仕方がないからこそ、
実現したら怖くて、二の足を踏んでいることにこそ、取り組むタイミングかもしれません。

やりたいことを、やるときがきた!という
メッセージだと受け止め、
あなたの心が、思わずやる気になっちゃうような
ビジョンを、見つけにいきましょう。

有意義に踊り場を活用できますように。

✨✨✨

いかがでしたか?
わたしはいま、自分でも実践しています(笑)

ビジョンを描いた後の、アクション上での
ポイントについては、また書きますね。

***