こころのアトリエ Flourish

逆境さえ栄養に、豊満に瑞々しく花開くあなたへ。Healing×Counseling×Artsで、痛みを愛し、あなたらしさが輝きをます時間を後押しします。

自分にとっての最後の一手を後押しするのは、プロセスへのコミット感

***

こんばんは。


春風サロンへ、ようこそ^^


今日は、カウンセラーとして、

en courage(促進・勇気発揮) 系の記事です。

いつもより、すこし動的かもしれません(笑)


✨ ✨ ✨


なにかものごとを自分なりに
やりぬこうとするとき、


最終的に、決めの1手を押せるかどうかは、


「よし、達成するぞ」

「必ず、大丈夫」


という、自分への信頼感にかかっていると、

わたしは思っています。
 
もちろん、それによる結果は、
必ずしも、自分の期待どおりとは
いかないときもあります。

でも、ここで私が大切にしたいと思うのは、
その人自身が、どのくらい納得感のある、
最後の1手を押せたか、という点です。


では、その、達成にむけた自己信頼をささえるのは、なんでしょうか。


それは、それまでのプロセスへの
コミット感に、支えられ、後押しされるのではないかとわたしは思います。


f:id:moyasan:20190223221711p:plain


「これまで、自分なりに、やることを
やってきた。そんな自分を信頼しよう。」


そう思えれば、思えるほど、
最後の1手まで、しっかりと自分なりに押さえに
いけるのでは、と思うのです。

ですから、自分なりの、
納得感のある、パフォーマンスを発揮するには
プロセスに向き合い、よりコミットできるような
支援が必要であると感じます。


コミットする際にも、
成功することへの「恐れ」や、
そもそもコミットしたい目標になっているか、
など、いくつか確認をしながら、
すすめていくことが必要かと思います。

また、すでに、コミット感を感じている場合は、
それが次のステージへ踏み出す際の、自己信頼というエネルギーに変換できるわけですから、

そもそも、そのコミット感を持てている自分を、
自信に思ってよいのではないか、とも思います。


✨ ✨ ✨

およみいただき、ありがとうございました。


あなたの一歩を、後押しできますように✨


***